ウーマン

理想の顔になるための方法|自分に合った整形手術を見つける

目元の印象を強くする

ボディ

ひとつ変えるだけで顔の印象を一気に変えることができるパーツと言えば、目元でしょう。まぶただけでなく、目そのものの形や大きさを変えることでさらに変化を与えることができます。

もっと見る

顔のメインパーツ

注射

鼻は顔の中心部に位置するため、形が悪いと顔全体のバランスが悪いという印象を与えてしまいます。メイクによって形を変えることは難しいですが、整形手術によって美しい形に整えることが可能です。

もっと見る

バランスを左右する土台

ドクター

ひとつひとつのパーツが整っていても、輪郭やあごのバランスが悪いとアンバランスな印象を与えてしまうことがあります。しかし、輪郭やあごも整形によって美しく整えることが可能なのです。

もっと見る

時間を掛けることが大切

医者

自分の顔立ちに納得できない場合、様々な方法で改善することが可能です。最も手軽な方法はメイクによって好みの顔立ちに近づける方法ですが、これはメイクを落としてしまえば元に戻ってしまいます。また、水に濡れたりしてしまったときに、予期せずメイクが落ちて元に戻ってしまうというようなことも考えられます。このような心配をせずに理想の顔立ちを固定させたいのであれば、整形を選ぶことをおすすめします。現在では整形によって変えられない顔のパーツはないと言っても過言でないほど、あらゆる手術が可能です。また、時間の経過によって元に戻る気軽なものから、半永久に戻らない本格的な手術まで幅広いレベルの手術があります。このように、手術の種類が豊富にありますので、予算や自分の希望に合わせて手術方法を決めることができるのです。整形するにあたっては、医師との念入りなカウンセリングが最も重要なものとなります。時間の経過によって元に戻る手術もあるのですが、元に戻るまでには数年掛かります。半永久に戻ることのない手術であれば、元に戻すとなると再手術を受けなくてはなりません。そのため、確実に自分の理想の顔となるように、しっかりと医師に希望するイメージを伝えることが重要なのです。最近ではCGなどを駆使したシミュレーションが充実しており、より的確な手術後の顔のイメージが確認できるようになっています。この技術を無駄にしないためにも、少しでも自分のイメージと違うところがあればすぐに伝えるようにしましょう。また、整形の種類によっては手術後に入院が必要な場合もありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。ほとんどの手術が入院不要となっているのですが、骨格に関わるような手術の場合には入院が必要となることがあるようです。仕事などの関係で休みが取りづらいという方は、特に注意しましょう。入院が必要のない手術の場合でもダウンタイムが発生することがありますので、この点にも注意が必要です。ダウンタイムとは手術後の回復期間のことを言います。ダウンタイム中は回復を妨げないためにも、運動や入浴が制限されることがあります。これを守らないと、腫れや赤みがなかなか引かなかったり内出血が発生したりと、回復に掛かる時間が伸びてしまう可能性があるのです。そのため、手術後には十分な休息の時間が取れるようにスケジュールを調整しておくことをおすすめします。整形を成功させて美しい顔を手に入れるためにも、これらのことに注意してじっくり計画を立てるようにしましょう。