レディー

理想の顔になるための方法|自分に合った整形手術を見つける

バランスを左右する土台

ドクター

顔の土台とも言える輪郭やあごも、顔の印象を決める大切な部分であると言えます。せっかくパーツが整っていても、輪郭やあごのバランスが悪いとアンバランスな印象となってしまいます。輪郭に関する悩みとしては、エラが張っているのを解消したいというものが特に多いでしょう。エラが張っていることによって、その分顔が大きく見えることがあります。髪の毛で隠れているときは気にならないが、エラが張っているせいで髪の毛をあげて顔出すことに抵抗があるという悩みを持つ方も多いでしょう。これを解消するためには、エラの骨を削る必要があります。余分に広がっていた部分を削り取ってしまうので、小顔効果も絶大です。ただし、これは骨格に関わる手術であり、全身麻酔で行なうという美容整形外科がほとんどです。そのため、ほかの整形手術とは異なり数日間の入院を必要とします。手術を行なうのであれば確実にスケジュールを確保しておく必要があるので、長期休暇のときなどに施術するのがおすすめです。骨を削り取る手術なので元に戻ることはなく、一度手に入れた美しい輪郭が永久に持続するというのが最大の特徴です。また、エラが張る原因については骨だけでなく、筋肉の発達が原因である場合もあります。耳の下あたりには歯を噛みしめるときに使われる咬筋というものがあり、これが発達しすぎるとエラが張ってしまうのです。筋肉が原因でエラが張っているのであれば骨を削る必要はなく、ボトックス注射によって改善することができます。ボトックスによって咬筋の動きを適度に抑えてあげることで徐々に縮小していき、数週間後あたりからフェイスラインがすっきりとするのを実感できるでしょう。また、この方法であれば入院の必要はなく、腫れもほとんどありません。エラとは反対に、引き出したいという悩みが多いのはあごです。あごも美しい輪郭をつくりだすためには重要なパーツであり、特に横顔の美しさはあごが大きく影響します。しかし、日本人にはあごが引っ込んでしまっている骨格であることが多く、美しい横顔のラインを持つ人は少ないと言われています。引っ込んでいるあごを前に出してあげるためには、ヒアルロン酸注射やシリコンプロテーゼによる整形手術が有効でしょう。効果の持続があまり長くなくてもよいのであれば、ヒアルロン酸による手術がおすすめです。持続期間が短いとは言っても1年間は効果が持続しますし、最近では持続期間が通常の3倍ほどある持続型のヒアルロン酸が登場しています。顔にシリコンを入れることに抵抗があるという方は、自然に体内に吸収されてなくなるヒアルロン酸注射を試してみるとよいでしょう。顔にシリコンを入れることに抵抗がないという方は、半永久に効果が持続するシリコンプロテーゼの挿入がおすすめです。挿入するのは口内の下唇のあたりからになりますので、顔に傷が付く心配はありません。また、切開する幅は2センチから3センチ程度と小さく、口内は傷の治りが早いという特徴があります。シリコンを挿入するような手術は大掛かりで傷跡が残るようなイメージを持ってしまいがちですが、そうではないのです。手術時間自体も30分程度であることがほとんどですので、比較的短時間で済む手術であると言えます。また、手術後のメイクも可能としている美容整形外科が多いので、帰宅時にひと目が気になるという方でも安心です。ただ、入浴や運動のように血行がよくなる活動に関しては、意識してセーブする必要があります。体の血行がよくなりすぎてしまうと、患部の痛みや腫れが増してしまうことがあり、ダウンタイムが長引いてしまうことになるのです。ダウンタイムをできるだけ短くするためには、血行がよくなりすぎないように意識することと、医師からの注意事項をしっかり守ることが大切と言えるでしょう。