レディー

理想の顔になるための方法|自分に合った整形手術を見つける

顔のメインパーツ

注射

整形手術を行なうパーツの中で、目元の次に人気が高いのが鼻です。鼻も顔の印象を左右する重要なパーツですが、目元とは異なりメイクでは印象を変えることができません。そのため、鼻の形を整えて顔の印象を良くしたい場合には整形手術に頼ることになるのです。鼻を高くするための手術は最も簡単に行なうことができ、ヒアルロン酸をバランスよく注射するだけで完了します。ただし、ヒアルロン酸は時間とともに体内へ吸収されてしまう成分であるので、半永久に効果を持続させたいという方には向かないでしょう。一度の手術で鼻の高さを長期間キープしたいのであれば、シリコンプロテーゼを挿入する方法がおすすめです。シリコンプロテーゼは、すでに完成しているもの中から自分に合うものを選ぶのではなく、自分の理想の形に合わせて作ったものを挿入します。できるだけ自然な仕上がりになるように医師も協力してくれますので、遠慮せずにしっかりと自分の要望を伝えましょう。また、シリコンプロテーゼを挿入する際には、鼻の穴の中から挿入することになります。そのため、顔の目立つところに傷ができることもありませんし、ほとんど気付かれません。手術に掛かる時間も30分程度のところが多く、比較的短時間で済むのもよいポイントです。さらに、鼻の整形は高さを出すだけでなく、小鼻を小さくしたり団子鼻を解消したりすることも可能になっています。小鼻を縮小する整形に関してはメスを使わない方法を選択することも可能であり、メスを使用するのが怖いという方でも受けることができるでしょう。メスを使用しない方法であっても、小鼻を縮小させる場合には3日程度のダウンタイムが必要となります。ほかの鼻に関する整形手術も共通して数日程度のダウンタイムが必要な場合が多いので、手術を決めたら長めにスケジュールを空けるように調整することがおすすめです。ただ、施術後からメイクが可能な手術は多いので、どうしてもスケジュールが調整できない場合でもメイクで赤みを隠すことはできます。さらにマスクを着用すれば腫れも隠すことができますので、周囲に気付かれないようにすることは可能です。また、団子鼻の解消には耳介の軟骨を移植するという方法が多く行われています。団子鼻だけでなく上を向きすぎた豚鼻などの解消も可能であり、鼻先の形を整えたいときに有効な手術であると言えるでしょう。上向きの鼻も同時に解消したいという場合には、耳介の軟骨を鼻先の下へ向けて移植するようにします。自然に鼻先が下を向くので、正面から見たときに鼻の穴が目立ちにくくなるのです。反対に、少し上向きの鼻にしたい場合には上の方に移植すればよく、自在に形を整えられるのがこの手術の最大の特徴と言えるでしょう。また、意外と多いのが鼻筋を整えたいといった希望です。鼻筋を通すのではなく、幅を狭めたり曲がっているものをまっすぐにしたりしたいという希望を持つ方が多くいるのです。例えば、鼻筋が太いことで鼻自体が大きく見えてしまうことがあります。これは余分な骨を削ることで解消することができ、鼻筋がほっそりとすることで自然と鼻自体も小さく見せることができます。鼻筋が曲がってしまっている場合には、骨自体をまっすぐに整えて固定するという方法が有効です。顔の中心に位置するパーツであるために、曲がってしまっていると顔全体のバランスが悪く見えてしまうことがあります。これを解消してあげることによって、バランスの整った顔へと変化させることが可能なのです。このように、美容外科では美しい鼻をつくりあげるための手術が何通りもあります。納得のいく鼻をデザインするためには、自分の理想とするイメージをはっきりさせておくことと、そのイメージを明確に担当医に伝えることが重要であると言えます。